冷え性にコエンザイムQ10が効果的なのは何故?

冷え性の人は、特に太い動脈から手足の末端へ血液を届ける毛細血管の循環が滞っています。
これにより手足の冷え、しびれなどの症状がでてくるのです。
冷え性の原因の一つは心臓のポンプ機能のエネルギー不足があります。
心臓の働きが弱まってしまうという事は、血液を押しだす力も引き戻す力も弱くなってしまうので、心臓から遠い場所ではうまく血液の交換が行われず酸欠になってしまいます。
そして、冷えやむくみといった症状が現れてくるというわけです。

もともと心臓には人の体の中で一番多くのコエンザイムQ10が働いています
休む事なく24時間働く心臓には多くのエネルギーが必要だからです。
エネルギー生成が不足した時に影響を一番に受けるのもここ心臓なのです。

心臓病を患う人の心臓のコエンザイムQ10含有量が少なくなっていることも分かっていて、心臓の機能とコエンザイムQ10にはとても深い関係があることが分かっています。
病気ではなくても、年齢とともに心臓における含有量は減ってしまいます。
20代を100とすると40代では70%程度に減ってしまうという事実も重大です。

積極的にコエンザイムQ10を摂取する事で、細胞のエネルギー生産を助ける事になります。
心臓のエネルギー不足で感じていた息切れの軽減や、体が軽く感じるといった効果もあることが分かっています。
心臓のエネルギーが弱くなっていた為に体の抹消へ力強く流れていなかった血液がしっかり届けられる様になると、冷え性も改善することになるでしょう。

人の体は60兆を超える細胞でできています。
これらの細胞ひとつひとつにはミトコンドリアという小さな器官がたくさん存在していて、コエンザイムQ10はこのミトコンドリアの中でエネルギーを生み出す手伝いをしているのです。
生命活動に必要な場所には特に多くのミトコンドリアが存在していて、常にエネルギーを生み出しています。

エネルギーが不足してしまうと冷えだけでなく、体の疲れがとれない、物忘れが多くなった、しみシワが増えたといった症状もでてきます。
エネルギーを作ってくれる材料を積極的に摂り入れたいですね。
油分を含む食事と一緒にコエンザイムQ10を摂取する事で効果的に吸収することができます。
コエンザイムQ10のサプリメントを摂るときも空腹時ではなく、食後にすぐ摂る様にしましょう。