保湿力がコエンザイムQ10にあるのは何故?

皮膚の乾燥やシミの原因はなんでしょう?
紫外線を浴びる事で増えてしまう活性酸素が皮膚を老化させているということをご存知でしょうか?また、年齢を重ねる事でどうしても新陳代謝の能力が衰えてきてしまい、皮膚が新しく生まれ変わるターンオーバーがスムーズに働かなくなるためにくすみやシワが増えてきます。
コエンザイムQ10は体のすべての細胞のエネルギー生成を助ける働きをします。
人の体は60兆もの細胞でできていて、細胞がうまくエネルギーを作れなくなるとその細胞がつくっている器官の働きが衰えてしまったり、細胞自体が死んでしまったりします。

肌の細胞がうまくエネルギーを作れない事で、皮膚の乾燥やシミ、シワ、といった症状を引き起こしているとすると、コエンザイムQ10を補給してやる事で細胞が活性化し、皮膚の乾燥が改善されることになります。
つまり、コエンザイムQ10の効果は保湿クリームを塗ったときの一時的な保湿効果ではなく、細胞を活発にする事で内側から支えられた保湿効果を発揮してくれるといえるでしょう。
細胞が本来の働きをしてくれるようになれば、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーといった活動もスムーズに行われるので新しくて元気な皮膚に生まれ変わる事ができます。

また、体内のコエンザイムQ10が増えると血流を良くしてくれるという働きもあります。
抹消まで新鮮な血液が運ばれるという事は、酸素や栄養が皮膚の毛細血管にまで運ばれてくるので、内側から潤ってくることになります。

さらに、強力な抗酸化物質でもあるので、紫外線により発生した活性酸素を無毒化してくれます。
だから乾燥にもシミにも効果が期待できる美肌の味方なのです。
肌のコエンザイムQ10の含有量は20代のときを100とすると40代で半分以下になってしまいます。
高価な基礎化粧品をたくさんつけるよりも、コエンザイムQ10で細胞の活性化を計る事が美肌への近道かもしれませんよ。